Detox Suitで身も心もデトックスとなるか

3年前に出会い、毎年この時期に欲しくなる。

ついに、36,000円+TAXで購入。本日は、初回のランニングとなります。

Detox Suit | デトックススーツ | Deportare Club

 

天気は晴れ。そこまで寒くない昼下がり。AirPodsを装着し、そこから流れる高城未来ラジオのカウントダウンスペシャル。今年は、大忘年会やらないのかなと思いつつ、消滅可能性都市の話が耳へ流れる。

そして、消滅可能性都市に隣接するショッピングモールをスタート地点とし、息子のプールまで1kmを6分のペースを目標に走り始める。

走り始めると小さな川を渡る。川を覗くと、沈んだ自転車のハンドルが、水面から顔をだし、そこに戯れるかのように草がひかかっている。

 

高城未来ラジオもほどよく終わり、 OGA ラジにシフトするも、クリスマスをテーマにしておりあがらず。気づけば、FUJIYAMA 先輩を求める。どこにでもサウンドをかついでいくのなら、走っている眼の前で、サウンドかけてもらいたい。

 

たんたんと走り続けるが、30分を過ぎたあたりから、いつも走っているときには感じないフラフラ感がする。これは、やばいのかもしれないと思い。自販機を探す。自販機は見つかるが、現金のみだ。電子マネーはお断り。電子マネーはお断りなのだ。

 

そうか、現金がなくならない理由が、よくわかった。ようやく、見つけた電子マネー対応の自販機で、スポーツドリンクをピッと購入。ガブッと550mlを一気に飲み干す。

そうだ、今日はDetox Suitを着ているのだ。

 

目的地までは、あと半分だろうか。

ここからは、走りながら文字を書きたい。そればかり考えていた。

何がデトックスされるのか。何がデトックスされるのか。

 

目的地まできた。身も心もスッキリした。が、文字にすると一行なのだ。これは体験してもらいたい。ランニングとまた違う。

 

何がデトックスされたのか、それは、バットマインドだ。BAD MIND。bad mind。

そして、最後にこの汗だくのデトックススーツは、どうすればよいのだろうか。

 

以上 

www.deportareclub.com