EXレイドバトルに参加したからって、特別な存在になれない

2016年7月22日から478日。たまに、疎遠になったけど、気づけば続けたボール投げ。そしてついに、この日が来た。

そう、ミューのツーと戦う、いや、ミューのツーを捕獲するイベントへの招待状が届く。

 

場所は、ショッピングモールのとあるジム。そのジムに15分前に着くとジムが荒れている。そのカラーのチームは、ボールが+2となるからだ。きのみをどれだけつぎ込んでいるのだろうか。

 

そして、時間が来た。ミューのツーが登場し、参戦する。メンバーのカラーを見て、一回抜ける。そして、また入る。裏目にでた。

 

ミューのツーを倒すことは簡単だ。1対20でフルボッコにするわけで、情なんてどこにもない。

 

集めておいた、金ズリの身を投げる。カーブボールは習得できてないから、ストレート勝負。手が震える。ゲームで手が震えるなんて。トレードより緊張する瞬間。見事に一投目は、距離が足りない。

 

ナイス、グレート、エクセレント、どれも試すが思い通りに行かない。

威嚇の後だ、威嚇の後だ、ジャンプの後だ、

ボールは当たるが、すぐに飛び出す。

そうして、手持ちのボールはなくなった。そう、捕まらなかったのだ。

 

 

翌々週に向け、また招待状が届いた。そして、また捕まらなかった。

この気持はなんだろう。この気持ちはなんだろう。

 

以上

 

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)